4種混合との同時接種が重要!b型肝炎対策と押さえておきたい基礎知識

b型肝炎は、感染症の中でも代表的な病気として世界で認知されています。日本国内でも、b型肝炎をめぐって大規模な裁判闘争が展開された経緯があり、重要な社会問題の一つとなっています。今回の記事では、子どもをb型肝炎から守るための予防接種の受け方と、この機会に押さえておきたいb型肝炎に関する基礎知識をお伝えします。

b型肝炎とは?

b型肝炎は、b型肝炎ウイルス(HBV)を病原体とする肝臓の病気です。WHOの推計によると、HBVへの感染を経験した人は世界に約20億人います。

感染者の数には地域によって差があり、アジアやアフリカの一部地域では人口の8%近くが感染しています。感染経路には、注射などによってウイルスが体内に入る血液感染と、性交渉などによる感染の2通りが存在します。

感染を防ぐためには、予防接種を受けること(詳しくは後述します)や、性交渉の際にコンドームを着用すること、不特定多数の人との性交渉を避けることなどの対策が欠かせません。b型肝炎の症状は大きく急性と慢性の二種類に分けられ、急性の場合は感染からおよそ90日ほどで倦怠感や疲労感、嘔吐、食欲減退などの症状が出ます。

急性症状の場合、症状が悪化すると肝臓病などの大きな病気につながる可能性があるので、すぐに入院して安静治療をする必要があります。これに対して慢性症状の場合、すぐに目に見える変化は現れません。多くの慢性患者は自分がb型肝炎患者であることに気づきませんが、HBVを体内に抱えたまま生活することになります。

症状がすぐに出なくてもウイルスを持っていることは変わらず、肝硬変や肝臓がんなどの重い病気にかかりやすくなるため、検査で陽性反応が出た場合はアルコールやタバコを控え、肝臓への負荷を減らすことが不可欠です。

b型肝炎をめぐる裁判闘争

世界でb型肝炎が問題になり始めたのは1950年代で、当時からWHOは集団予防接種などにおける注射針の連続使用を避けるよう勧告を出していました。率先してHBV対策に取り組んだイギリスをはじめ、多くの国では当時から注射針を1回ごとに取り替える方法が主流になっていましたが、日本政府の対応は世界に遅れをとっていました。

その結果、国内でb型肝炎の流行は50年代前半から80年代まで30年近くにわたって続き、感染者が増え続けます。

国がb型肝炎対策へ十分に取り組まなかったことについて、患者と国は裁判闘争を行っています。初めての訴訟は20年近くの年月を費やして闘われ、原告である患者が勝訴し、当事者には補償金が支払われました。しかし、当時の原告以外の患者に対して国が賠償する姿勢を示さなかったため、これに怒った全国の患者が声をあげ、各地で新たな裁判闘争が展開されます。

これによってb型肝炎の問題は日本中に知れ渡り、世論の力もあって原告団は勝利して和解を得ることができました。和解の内容には、すべての認定患者に補償金を支払うこと、集団予防接種によるウイルスの蔓延について国が責任を認めて患者に謝罪すること、HBV流行の原因究明に取り組むこと、患者に対する不当な差別や偏見をなくすため啓発活動に取り組むことなどが含まれています。

b型肝炎特措法とは?

上記の和解をベースとして、2012年に特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法案(特措法)が制定され、国が認定した患者には一定額の給付金が支払われることになりました。認定の対象となるのは、集団予防接種による感染者、および集団予防接種による感染者である母親から母子感染した患者です。

給付金の支払い手続きにあたっては裁判による和解が必要となりますが、特措法の対象者は簡素な裁判手続きによる給付金の支払いが保証されています。特措法の制定によってb型肝炎患者の被害は一定の水準で救済されましたが、一方で実際にこの制度によって救済されている患者は本来認定されるべき患者のうちのごく一部でしかありません。

これは、和解のための手続きを患者自身が行わなければならないこと、制度の趣旨が十分に周知されていないことなどに起因しています。すべての患者の救済に向けて、より広範な対策も求められているのが現状です。

⇒b型肝炎に有効的とされている薬物治療

子どもに接種させるワクチンについて

日本における歴史や裁判の状況を見ても、b型肝炎が非常に危険な病気であり、正しい対策をしなければ大きな被害を生み出しうることがうかがえます。HBVの感染を防ぐためには、子どものうちにワクチンを接種しておくことが有効な対策となります。

b型肝炎ワクチンは生後2ヶ月からの接種が推奨されており、とくに4種混合ワクチンとの同時接種が有効とされています。ワクチンを同時接種することには、通院回数を減らして予防接種のスケジュールを立てやすくすることや、早い段階で免疫をつけられることなどのメリットがあり、世界ではワクチンの同時接種が主流となっています。

b型肝炎に備えるために

現在、b型肝炎を完治させる治療方法はまだ発見されていません。急性b型肝炎の場合は入院治療によって症状を抑えることができますが、慢性b型肝炎の場合はウイルスを抱えたまま生活していく必要があります。ただし、ウイルスの進行を遅らせる技術については研究が進んできているので、将来的な肝臓の病気のリスクを軽減することは可能です。

正しい知識を持っていれば問題なく対応できるはずなので、もし自分や周囲の人がb型肝炎に感染してしまっても、慌てず医師の指示に従って対処しましょう。b型肝炎の恐ろしいところは、気づかないうちに感染し、ほかの人に移してしまうリスクがあることです。

これを避けるためには、定期的に医療機関で検査を受け、自分の状態を確かめておくことが必要です。とくに性交渉による感染はウイルスを拡散させる危険性が高いため、必ずパートナーと一緒に検査を受けておきましょう。

身近な部分での対策としては、他人が使用した歯ブラシやカミソリなど、血液が付着する可能性があるものは使い回さないこと、血液が付いた物は石鹸で洗浄して清潔にしておくことなどが挙げられます。

また、やはり子どものうちに免疫力をつけておくことが一番の予防になるので、b型肝炎に限らず自分の子どもにはきちんと予防接種を受けさせておきたいところです。